W

香港で大規模なデモが行われる

On 2013年11月10日, in 未分類, by pp2012

香港で20日、無料テレビ局の新たなライセンスを申請した3社のうち「香港電視」だけが却下されたことで、市民が猛反発し、抗議のための大規模なデモが行われたそうです。

申請が却下された香港電視の経営者は、かつて香港のテレビ局は中国国営の中央テレビのようになるべきではないという考えから、言論・報道の自由の重要性を語っていた人物。

こうした経営者の考えを、香港政府が民主派寄りの考えをしていると見なし、ライセンスを与えなかったのではないかという見方を多くの人がしたため、反発によるデモに発展してしまったようです。

警察発表は、このデモに約2万2000人が参加し、その後の集会に約3万6000人が参加したと発表していますが、この警察の発表に対し、香港電視の労働組合は「8万人が集会に参加した」と語っているそうです。

 

 

 

愛知県警捜査1課の警部が情報を漏えいしていた事件で、情報を漏らしていた警部が、相手である風俗店グループの実質的経営者の佐藤義徳被告と知り合った当初から、佐藤被告の店で頻繁に接待を受けていたことがわかりました。

事件の捜査を行っている捜査2課によると、地方公務員法(守秘義務)違反容疑で逮捕された倉木勝典容疑者に対し、佐藤被告は店の従業員に「無料で酒を飲ませていい」と指示し、度々接待を受けていたそうです。

しかも倉木容疑者がで「当時現職の警察官から紹介された」と供述していることや、 また佐藤被告の店には、倉木容疑者の他にも無料や格安料金で佐藤被告の店で飲食していた警察官がいたこともわかってきています。

だとすると、かなり前から、複数人の警察官が佐藤被告から接待を受けていたことになります。愛知県警にとって、大問題になる可能性が高いですね。

 

 

21日午前1時頃、大阪府柏原市国分市場の、JR関西線高井田—河内堅上間の芝山トンネル内で、高校生が電車にはねられる事故が起きました。

事故にあったのは、大阪市東住吉区に住む16歳の男子高校生2人で、1人は右足骨折の重傷、もう1人は全身を打って約4時間後に死亡したそうです。

2人は友人11人と近くの山に遊びに行って、道に迷って線路を伝って帰ろうと考えて、トンネルに入り込んだと、友人らは話しています。

無傷だった11人は、トンネル内にある避難スペースに逃げ込むことができ助かったそうですが、事故に遭った2人は間に合わなかったようです。

事故が起きた時に、電車には乗客約200人が乗っていましたが、乗客には被害はなかったそうです。

スマホとかで、時刻表を調べられたでしょうに、トンネル内で電車に遭遇する可能性を考えなかったんでしょうか?。

 

 

今、教師にとってもっとも恐ろしい存在なのは、保護者だと言われています。

普通なら、子どもの成長のために教師と足並みを揃えていかないいけない保護者。

しかし、最近ではモンスターペアレントと呼ばれている保護者は少なくなく、事あるごとに学校にクレームをしてくる親や、職員室に文句を言いに来るだけじゃなく、担任に文句を言うために授業中の教室にまで入ってくる保護者もいるのです。

さらに、子どもにICレコーダーを持たせて、それで学校での担任の発言を逐一録音させ、自分の子供が怒られた際に、録音した担任の発言の一部を切り取り、「暴言教師だ」と学校を告発しようとする保護者までいるようです。

自分は子供のためだと思って、そうした行為をしているのでしょうが、そうした行為が本当に子供のためになっているのかを、よく考えた方がいいですよ。

 

 

 

政府が世界自然遺産への登録を目指す「奄美・琉球」。

しかし、国連教育科学文化機関(ユネスコ)では、この「奄美・琉球」を、遺産の正式候補となる暫定リストへの追加を保留していることがわかりました。

政府は今年1月末に、ユネスコに関係文書を提出したのですが、その際、地権者らの同意を得るのが遅れてしまったため、島名などを明記できず、遺産の対象を「北緯24〜29度、東経123〜130度にかけての南北約850キロに点在する島や海域」と記載していたそうです。

そのため、遺産の対象があまりにも広すぎてしまい、ユネスコ側が「広すぎて分からない」と対象地域特定を求める事態となり、暫定ストへの追加が見送られてしまったのです。

ただ、今回のことが、「奄美・琉球」の世界遺産登録のの可否判断に大きく影響することはないと、環境省は説明しています。

 

 

 

1億円を差し上げますと騙り、偽のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)サイトの利用料金を詐取していた、東京都新宿区西新宿のIT会社社員、富山順也と日野市高幡の両容疑者と、両容疑者が勤めている会社の元社員だった飯島康友容疑者を逮捕したことを、警視庁サイバー犯罪対策課が発表しました。

サイバー犯罪対策課の発表によると、富山容疑者らは動画投稿サイトなどを使い「宝くじで2億円当たったが、余命が少なく身内もないので1億円を誰かに差し上げます」というメッセージを配信。

そのメッセージに騙された人を偽のSNSサイトに誘導し、閲覧者がメッセージを送受信するたびに料金を徴収していた疑いがもたれています。

騙した富山容疑者らも悪いですが、こんな巧すぎる話しに騙される方も、ちょっと考えが無さすぎですよね。

 

 

またも政府の幹部が不規則発言をしてしまいました。

7日、衆院選公示後初めて地元の大阪府吹田市に入りした藤村修官房長官に、記者団から再度の地元入りの可能性を質問したところ、「要は北朝鮮のミサイルがいつ上がるかだ。さっさと月曜日に上げてくれるといいんですが」と発言したことが問題になっています。

メディアに露出する人は注意が必要です。今やマスコミの手段も多様化し、恨みを買うような事情があればたちまち狙い撃ちにされてしまってもおかしくありません。芸能人 脱毛 事情など、プライベートなことですら様々なところで情報がやりとりされているくらいですから。

再び長距離弾道ミサイルの10~22日の発射を北朝鮮が予告したことに対し、日本政府は北朝鮮に自制を求めるいるにも関わらず、官房長官である藤村氏が発射を促すかのような発言をしたことが波紋をよんでいるのです。

藤村氏は直後に発言を事実上撤回して陳謝したようですが、この発言が衆院選が間近に迫る中で、民主党への票に影響を与えたのは確実でしょう。

 

来年4月に日本公開が予定されている、ロバート・ダウニー・Jr主演の「アイアンマン3」。

その「アイアンマン3」の予告編がアメリカでついに公開されたのですが、その予告編でシリーズ3作目となる本作が、前2作とは違う世界観となることが明らかになったのです。

予告編では、これまでのアイアンマンのイメージとは違い、傷だらけになったアイアンマンであるトニー・スタークが雪の上に倒れ込み、弱音を吐く姿などが描かれています。

傷つき、精神的に参っている状況では、どんなに屈強な人でも弱音を吐きたくなりますよね。そんな時は、気分を一掃するために、脱毛をしてみてはいかがでしょうか。私の娘の通っている高校では光脱毛が大変流行っているようで、学生割引の有効な脱毛サロンが大変繁盛していると聞きます。

予告編ですから、本編が前作とは違った感じになるとは限りませんが、監督がたジョン・ファヴローからシェーン・ブラックにかわりましたし、続編でも3作目はこれまでとは違うアイアンマンになってしまうかもしれませんね。

監督によって作風はまったく変わってしまいますから、映画を続編として作るの時には、同じ監督で作り続けてほしいですね。

 

 

マット・デイモン主演の新作映画「Promised Land」。

この映画が、米国のエネルギー業界から抗議を受けていることが明らかになりました。

「Promised Land」は、デイモン演じるガス会社のセールスマンが、ガス採掘のためにある小さな街を訪問した際、人生を変える出来事に出たあってしまうという社会派の映画。

この映画に、どうして米国のエネルギー業界が抗議しているかというと、化学物質を含む水を大量に流しこむことから、人体への影響や環境破壊、地震誘発を起こすとして環境団体が問題視している水圧破砕のことが物語にからんでいるからだそうです。

社会はの映画は、世への風刺を含むとともに、周囲からの批判との隣り合わせでもありますね。こういったところで脱毛 無料体験の描写があったら、また脱毛にまつわる企業から批判を受けていたのでしょうか。

映画の中で、シェールガスの採掘のために用いられる水圧破砕が、人体や環境にもたらす悪影響が描かれていることから、米国のエネルギー業界が猛反発し、抗議活動までしているというのです。

ただ、反発するってことは、水圧破砕に関して、何か後ろめたいことがあるからなんじゃないでしょうか。