HOME>Column>鳩が棲みつきやすい環境をなくす!鳩対策は万全に

鳩が棲みつきやすい環境をなくす!鳩対策は万全に

困る女性

鳩が棲みつきやすい場所とは?

ベランダなどに鳩が棲みついてしまい、糞や尿の汚れや悪臭、鳴き声の被害に悩まされるケースも少なくありません。1度、棲みつかれてしまうと追い出す事は難しいと言われているので、どのような場所だと棲みつきやすいのかチェックしてみましょう。棲みつきやすい場所として挙げられるのは、高層階のマンションのベランダや最近では屋根に設置した、太陽光パネルの隙間なども挙げられます。これらの場所は雨や風がしのげて、外敵も近づかない事もあり鳩にとっては安心して巣作りや子育てを行えるのです。特に温度変化も少ない室外機付近は、安心できるねぐらとなりやすい事もあり、鳩が棲みつきやすい場所と言われています。また、糞や尿をそのままにしておくと、自分達が棲みついても安心だと認識し、その場所から出て行かないという傾向もあるようです。このような事態に陥らない為にも鳩が棲みつきにくい環境を作る、対策を自分で行ってみてはいかがでしょう。

ハト

巣を作られる前にできる対策!

鳩に棲みつかれてしまわないよう、自分で出来る対策を行い糞や尿、鳴き声などの被害が出ないようにしましょう。まず、ベランダなどが糞や尿で汚れてしまっている場合は、早めに掃除を行い臭いを落とすという事が対策として必要です。自分達の臭いがついたままだと、この場所は安心だと感じ棲みついてしまうリスクが高くなってしまいます。また、忌避剤を置いたりネットを張るなどして、物理的に侵入を防ぐ・棲みにくいような環境を作るという事もおすすめです。忌避剤には鳩が苦手とする臭いがついており、臭いによって「この場所は危険だ」と知らせて巣を作るのを予防するアイテムです。巣を作られる前に忌避剤やネットを使いしっかりと対策を行えば、様々な被害も予防する事が出来るでしょう。